B級グルメの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 亜細亜最新情報 9/11

<<   作成日時 : 2017/09/07 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
亜細亜最新情報 ★ブレイクタイム★
●台湾の行政院長が辞任 支持率低迷で、後任は台南市長か蔡政権、てこ
入れ狙う
【台北】台湾の民主進歩党(民進党)、蔡英文政権で政策実行を担う林全
・行政院長(首相)が4日までに辞表を提出し、蔡氏が受理した。蔡政権
は労働規制改革などで混乱が相次ぎ支持率が低迷。内閣を一新し、政権浮
揚を狙う。後任には頼清徳・台南市長が就くとの見方が強い。5日に蔡氏
が記者会見し、詳細を説明する。
4日午後、台北市内で開いた記者会見で林氏が明らかにした。7日に現在
の閣僚が総辞職し、8日に新内閣が発足する見通し。
林氏は脱原発に向けた電力改革やインフラ整備などの法案を成立させ、「
段階的な職務を完了した」とした。ただ政権支持率が低迷するなか、直近
では断続的に交代説が浮上。2018年後半の統一地方選に向け、党内で仕切
り直しを求める声が高まっていた。
後任に有力視される頼氏は民進党のエースで、「ポスト蔡英文」の筆頭だ。
中台政策では両岸(中台)の現状維持を掲げる蔡氏に比べ台湾独立志向が
強いとされ、中国側は警戒する可能性がある。
林氏は蔡氏の最側近で、16年の総統選では民主進歩党(民進党)のマニフ
ェスト作りを担った。昨年5月の政権発足と同時に就任。公務員や軍人を
過度に優遇する年金制度の改革など、過去の政権が既得権層の反発を恐れ
て避けてきた改革に取り組んだ。
●「世界の敵」とスクラムを組む韓国 「中立宣言」は中立で終わらない
韓国が「平和」を名分に掲げ「中立」に動く。それは「北朝鮮との共闘」
の入口だ。
★「裏切り」に質問が集中
北朝鮮のグアムへの威嚇を期に、韓国が「有事の中立」を宣言しました。
鈴置:8月15日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「光復節」の祝辞で
はっきりと、米国による北朝鮮への先制攻撃は許さないと宣言しました
(「ついに『中立』を宣言した文在寅」参照)。
青瓦台(韓国大統領府)の「第72周年光復節祝辞」のその部分を翻訳・
引用します。
朝鮮半島で再び戦争を繰り返してはなりません。朝鮮半島での軍事活動は
大韓民国だけが決めることができ、誰も大韓民国の同意なくして軍事活動
はできません。政府は何があっても戦争だけは止めることでしょう。
米国が先制攻撃する際、韓国はそれを止めるし加担もしない、との宣言で
す。「中立宣言」に米国はどう反応しましたか?
鈴置:8月15日の国務省の記者会見で「韓国の裏切り」に質問が集中しま
した。報道官は初めは明確な答えを避けていました。
が、記者の執拗な質問により、最後は「北朝鮮と戦わない韓国」への疑問
を、暗示的にではありますが口にすることになりました。
★しどろもどろの報道官
報道官が文在寅演説に関するコメントを避けたのはなぜですか?
鈴置:米国にとって「中立宣言」は明らかな裏切りです。でも、韓国への
怒りを表明すれば「米日韓」の対北朝鮮包囲網が崩れたことを認めること
になってしまいます。
国務省の「Department Press Briefing-August 15, 2017」から関連部分
を拾います。記者が突っ込むごとに、ナウアート(Heather Nauert)報道
官がしどろもどろになっていくのが分かります。
会見ではまず、北朝鮮のグアム沖へのミサイル発射計画などについて質問
が出ました。続いて、文在寅大統領の「韓国政府の許可なくして誰もが軍
事行動できない」との発言に関する質疑に移りました。
ある記者が「それに対する米国の立場は?」と質したのです。報道官は「
米韓はいい関係を持っている」「仮定の質問には答えられない」などと誤
魔化しました。
すると記者が「金正恩(キム・ジョンウン)が韓国を奇襲攻撃したら、米
国は軍事行動に出るのか」とたたみかけました。それに対し報道官は「韓
国は同盟国である。我々は韓国を守る」と答えました。このやりとりの原
文は以下です。
質問: What if North Korean Kim Jong-un sudden attack South Korea?
Can the United States engage in this military action?
報道官: As you know, South Korea is an ally of ours; and as we do
with our allies and friends, we pledge to protect them as well.
Okay?
★韓国の許可が要るのか
当然の答えですし、こう答えなかったら問題です。でも、会見場でこれを
聞いた記者たちは「米国は韓国を守るというのに、米国が米韓共通の敵を
攻撃するのを韓国が邪魔すると言い出した。韓国はいったい何を考えてい
るのか。米国はそれを許すのか」と疑問を膨らませたことでしょう。
ナウアート報道官はこの率直な疑問に対し、何らかの答えをせざる得なく
なりました。記者の作戦勝ちです。
この後いったんは、北朝鮮に対する中国の姿勢などの話題に移りましたが、
また「文在寅発言」に話が戻されました。
「米国の(北朝鮮に対する)いかなる攻撃に関しても、韓国の許可が要る
のか」との、本質を突く質問が出たのです。ナウアート報道官は「外交的
な問題でもあるが、国防総省も絡む問題だ。直ちには答えられない」と答
えました。
質問: It’s not really a hypothetical. What do your agreements with
South Korea say? Do you have to get their permission to launch any
sort of strike?
報道官: Some of those things are diplomatic conversations and some
of those would involve the Department of Defense, so I just
don’t want to get into that. Okay.
★国防総省とたらい回し  どこかで聞いたような答えですね。
鈴置:米軍制服組のトップ、ダンフォード(Joseph Dunford, Jr.)統合参
謀本部議長が8月14日、ソウルの記者会見で同じ質問を受け「それは政治
的な決定となることだろう」などと答えています(「ついに『中立』を宣言
した文在寅」参照)。
米政府は「この手の質問にはこう答える」と、応答要領を定めているのでし
ょう。国務省が聞かれた時は「国防総省も関係するから」、国防総省が聞か
れた時は「政治的な判断も要るから」と言い訳し、答えを避ける仕掛けです。
ただ、この日の国務省担当記者は誤魔化されませんでした。報道官の「韓国
は米国の重要な同盟国だ。米国は韓国を守る」という言葉に付け込んだので
す。
記者は「金正恩が韓国を攻撃したら、米国は戦争に巻き込まれると思われる。
というのに文在寅大統領は朝鮮半島の戦争は望まないと演説した。彼の真意
が分からない」と重ねて聞きました。
報道官は「あなたの質問の意味が分からない」とか「日本もそうだが、誰も
戦争を望まない」などと、はぐらかそうとしました。
質問: -- very confuse about President Moon remark yesterday, because
U.S. and South Korea is alliance. But he not want to be war in
Korean Peninsula, but however U.S. supposedly involved with war
when the North Korean Kim Jong-un attack the South Korea. But why
he discourage it, but --
報道官: I’m sorry. I didn’t understand the last part.
質問: President Moon doesn’t want a war in the Korean Peninsula,
but --
報道官: President Moon doesn’t want that. Japan doesn’t want that.
★北朝鮮には全世界が懸念
さらに「誰もが戦争を望んでいない」ことを強調するためでしょう。「金
正恩への非核化要求は国連安保理の全会一致の決定だった。世界の我々の
友人、同盟国、パートナーにとって最も重要なことなのだ」とコメントし
ました。
報道官: It’s a priority, obviously, at the United Nations and
the UN Security Council, where they had the unanimous vote on that
matter. It’s a top issue for our friends and allies and partners
around the world.
これを聞いた記者は「しめた」と思ったに違いありません。直ちに「だっ
たらこの問題は米朝間ではなく韓国の問題だ。だのになぜ、文大統領は他
人事のように語るのか」と切り返したのです。
質問: But this is not at all between U.S. and North Korea problem.
This is ? the actually problem is that the South Korea, in fact.
But Moon thought this is your guys’ problem. That’s not ? how
did you think about ? this --
報道官はまたしても「質問の意味が分からない」と逃げましたが「これが
米朝間の問題と考えているのか?」と再び聞かれると、逃げようがありま
せんでした。
ナウアート報道官は「北朝鮮と全世界の間の問題だ。米国だけが金正恩体
制に懸念を表明しているわけではない」と答えたのです。
質問: -- between the U.S. and North Korea problem. Do you think
this is between the U.S. and North Korea problem?
報道官: Is this issue between the United States and North Korea?
No. This is between North Korea ? this is between North Korea
and the world. It is not the United States standing here alone
expressing concern about the activities of Kim Jong-un’s regime.
★「まともではない国」をかばう国
このやりとりを聞いたり、読んだ人は「北朝鮮の核問題は世界的問題だ。
なのに、もっともその脅威の下にある韓国が北に立ち向かおうとしない」
との印象を深めたことでしょう。米国務省の定例ブリーフは世界の外交
関係者の必読サイトです。影響力は極めて大きい。
そしてこの後、ナウアート報道官は予定していなかったと思われる発言
をしてしまったのです。
報道官は「いい機会だから言っておく」と切り出したうえ、北朝鮮を「
自由でも公正な国でもない」「国民に十分な食料も与えない」「移動の
自由もない」「自らの国民を飢えさせ、強制的に堕胎させている」「収
容所で国民を強制労働させる」と、口を極めて非難したのです。長くな
りますが、原文を以下に引きます。
報道官: And by the way, it’s a good opportunity to remind
people what it’s like for North Koreans to live under that
regime. Okay. That is not a free and fair country. It is not
a country where people have ample food, opportunity. It’s
not a country where people can come and go as they please.
It’s a country where they’re starving their own people;
they’re engaged in forced abortions. Pardon me for talking
about that, but that is a very grim reality there, where people
are living in labor camps, it’s under horrific situations.
北朝鮮が人権蹂躙国家であることはニュースではありません。でも「中
立宣言」が議論された直後にそれを聞かされた人は、韓国という国にま
すます首を傾げたでしょう。
「人権を平気で蹂躙する危険な国が今、核武装しようとしている。そん
な『世界の敵』を、なぜ韓国はかばおうとするのか」――と思うのが普
通です。
★威嚇なしで核は手放さない
文在寅大統領は単に「戦争を望んでいない」のでは? 「北をかばう」
とは言い過ぎではありませんか?
鈴置:今「米国の先制攻撃を止める」と語れば、却って戦争を呼びかね
ません。文在寅大統領が主張するように、話し合いにより北朝鮮が核を
放棄すれば一番いい。
でも、話し合いで金正恩委員長が核を放棄する可能性はほぼない。核保
有国になること自体が目的だからです。核を放棄すれば金正恩体制は大
きく揺らぐ。そんな道を自ら選ぶわけがない。
そう判断したからこそ米国や日本など西側の国は、国連による経済制裁
と「軍事的手段も辞さない」との米国の威嚇によって強引に――最後の
段階は話し合いになるかもしれませんが――核を放棄させようとしてい
るのです。
そんな時に韓国が「米国に戦争はさせない」と言い出し、軍事的な威嚇
に歯止めをかけようとする。北がいやいやでも核を手放す可能性を韓国
が減らそうとしている――と米国や日本は見ます。
「自分まで届く核を持った北」を米国が見逃すわけはありません。少な
くとも、軍事行動への動機を強めます。「韓国の中立宣言」が戦争の危
険を増すことになるのです。
★平和を叫んでも平和は来ない
「戦争反対」と言えば戦争がなくなるわけではない……。
鈴置:まさにその視点で、保守系紙、東亜日報と朝鮮日報は文在寅演説
を厳しく批判しました。
両紙ともやり玉にあげたのは冒頭に引用した、そして米国務省の会見で
質問が集中した「戦争だけは止める」部分です。
東亜日報の8月16日の社説「『不安な平和』ではなく『堂々とした平
和』を目指せ」(韓国語版)で、次のように主張しました。
朝鮮半島に戦争の惨禍が起きては絶対にならない。しかし「不安な平和」
ではだめだ。当面は北朝鮮の挑発による戦争の防止が重要だとしても、
北朝鮮が自ら核を放棄せざるを得なくするようにすべく、国際社会と一
緒に最後まで圧迫せねばならない。
ここで軍事的圧迫を緩めれば、北朝鮮に核を持たせてしまうではないか
――との悲痛な叫びです。
この社説は結論部分で「『核には核で、挑発には報復で対応する』との
原則の下、強力な対北抑止力を確保せねばならぬ」と、国民に核武装を
呼びかけました。大統領の「戦争絶対反対」宣言が、韓国の核武装論を
加速したのです。
朝鮮日報の社説「対話では北の核を放棄ができないというのに、いった
いどうするのか明らかにせよ」(8月16日、韓国語版)のポイントも
引用します。
「戦争反対」とか「平和的解決」などの言葉は確かに間違ってはいない。
だが、それにより北朝鮮の核廃棄ができない場合、大韓民国の5000万
人の国民は金正恩の核の奴隷として生きていくしかない。そうでなけ
れば他にどんな方法があるというのか。
★「お人好し」か、それとも……
文在寅大統領の真意は?
鈴置:韓国の左派は大統領を「平和の使者」と素直に称賛しています(
「ついに『中立』を宣言した文在寅」参照)。米国の先制攻撃に歯止め
をかけさえすれば戦争は起きない、という理屈でしょう。
「韓国だけが朝鮮半島の軍事行動を決めることができる」との大統領の
演説を聞いて快哉を叫んだ「普通の人」もいたことでしょう。韓国では
「自分の運命がかかる北の核問題で、自分たちは一切口出しできない」
との不満が溜まっていたからです。
それに「戦争時の韓国の被害は膨大なものになる」と信じられています
から「戦争が避けられる」と、ほっとした人も多いと思います。先ほど
述べたように、それは必ずしも正しい判断ではないのですが。
一方、保守には2つの見方があります。まずは、大統領は軍事的な圧力
なしで北朝鮮が核を放棄すると考えている、との「お人好し」説です。
文在寅大統領は6月20日、米CBSのインタビューで「金正恩の核武装
計画は『はったり』に過ぎない。本心は対話を望んでいる」と語って
います。
保守派のもう1つの見方は、米国に軍事的な圧力を緩めさせることで
北朝鮮の核武装を幇助する「北のシンパ」説です。
★核を持ったまま「南北共闘」  「北のシンパ」ですか!
鈴置:朝鮮日報は先に引用した社説で、「大統領に対する疑念」を匂
わせています。以下です。
文大統領が米国の軍事的な措置を防ぐ確実な堤防になってくれれば、
南を完全な核の人質にできたと(北朝鮮は)自信を深めることだろう。
韓国人は核の人質になってもいいのですか?
鈴置:韓国の左派には「北朝鮮は同族の国である韓国には核兵器は使
わない」と信じる人が多い。
さらに、北が核を持ったまま南北が和解すれば、北の核兵器は周辺大
国ににらみを効かす「民族の核」になる、とも考えています。
文在寅政権は核兵器保有国には必須の運搬手段である原子力潜水艦の
保有に熱心です(「ついに『中立』を宣言した文在寅」参照)。
北朝鮮は核弾頭を開発できても、原潜を作る能力はない。それなら韓
国がその準備をしておこうと考えているのかもしれません。
韓国の「中立宣言」は戦争を避けるための中立に留まらない、とい
う話ですね。
鈴置:一見、中立。でも良く見れば「南北共闘」。ナウアート報道官
が人権状況を非難することで北朝鮮が「世界の敵」であると強調した
のも、それを牽制するためだったかもしれません。(次回に続く)
■「北朝鮮の核危機」年表(2017年8月以降)
8月5日国連安保理、石炭などの全面輸出禁止を含む対北朝鮮制裁決
議を採択
8月6日労働新聞「米国が核と制裁を振り回せば、本土が想像もつか
ぬ火の海になる」
8月7日李容浩外相「米国の敵視政策が変わらない限り、核とミサイ
ルで交渉しない」
8月8日トランプ大統領「北朝鮮は世界が見たこともない炎と怒りに
直面するだろう」
8月8日WP「北朝鮮が弾道ミサイルに搭載可能な核弾頭の生産に成
功とDIAが分析」と報道
8月9日朝鮮人民軍戦略軍「『火星12』でグアムを包囲射撃する作
戦計画を慎重に検討」
8月9日朝鮮中央通信、先制攻撃論に関連「決意すれば瞬時に日本
を焦土化できる能力がある」
8月9日マティス国防相「北朝鮮は体制の終わりや国民の滅亡に
つながる行動は中止すべきだ」
8月10日北朝鮮戦略軍司令官「『火星12』4発は島根、広島、高知
の上空を通過しグアム沖に着弾」
8月10日トランプ大統領「グアムに何か起これば、誰も見たことの
ないことが起きる」
8月10日GT社説「北朝鮮が米国に向け先にミサイルを発射した際、
中国は中立を維持する」
8月11日トランプ大統領「北朝鮮が浅はかな行動をとるなら軍事的
に解決策する準備が完全に整った」
8月11日トランプ大統領「極めて高レベルの追加制裁を考えている」
8月11日米中首脳が電話会談
8月12日米仏首脳が電話会談
8月14日トランプ大統領、301条適用を念頭に中国の知財侵害の調
査を指示
8月15日金正恩委員長「米国の行動をもう少し見守る。危険な妄動
を続けるなら決断」
8月15日文在寅大統領「朝鮮半島での軍事活動は大韓民国だけが決
めることができる」




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
亜細亜最新情報 9/11 B級グルメの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる