B級グルメの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 連絡 1/12 葱辛味玉子拉麺を作りました。

<<   作成日時 : 2018/01/11 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
お早うございます。今朝は晴れ。マイナス1度。リムジンに乗る時はマイ
ナス2度の予定です。現地は概ね晴れの予報。明日はマイナス5度とか。
随分前の春節の時に花火や爆竹の後、年を越して雪になり、翌日帰る飛行
機が欠航かどうかで気をもんだ時がありました。東京より大雪は少ないん
ですけどね。先行で月曜日の分も発信しますので宜しくお願い致します。
小さな幸せを見つけましょう。明るく楽しく健やかに素敵な週末をお迎え
下さい。
今日はスキーの日、宮中歌会始め、桜島の日、パンの日、豆腐の日。安井
かずみ、かまやつひろし、三木たかし、橋本大二郎、新井将敬、羽田健太
郎、村上春樹、楠田枝里子、立原啓裕、尾形大作、中谷美紀、藤巻亮太、
村田あゆみ、田中美保、光井愛佳の誕生日。
★ブレイクタイム★
●「どうやって1年を振り返っていますか?」
「これ、ほんと怖いよね─」と言っていたのは、友人たちとの飲み会。
ありがたいような、怖いような話なのですが・・・グーグルマップってあ
りますね。多くのスマホに初めから入っている地図のアプリです。移動の
ときなどによく使うのですが、GPSをオンにしたままスマホを持ち歩い
ていると移動の履歴(タイムライン)が全て残っていて、タイムラインで
日付を指定すると、その日にどんな移動をしたのか、地図上で確認するこ
とができます。いつどこにいたのか、グーグルさんに全てバレバレで、し
かも勝手に記録まで残っているわけです。・・・悪いことはできないです。
その話を友人たちにすると「マジ怖いよね─」なんて話になるわけですが、
個人的には、ありがたい面もあって、かれこれ10代の頃からやっている
のですが、毎年年末になると、その年1年間の出来事を細かく書き出す習
慣があります。何月何日に、どこに行って、誰に会って、何をしたという
のを、思い出せる範囲で、できるだけ書き出すのです。手帳に書いてある
ことは、比較的振り返りやすいのですが、そうでないことは、撮った写真
やメールのやり取りをヒントに当時の記憶を引き出していました。
それでも、思い出せないことがあるんですよね・・・そんな時に、グーグ
ルマップを開いて、履歴のところで日付を指定するとその日一日、どこに
いたのかが地図でわかります。場所がわかれば、誰といたのか、何をして
いたのかわりと簡単に思い出すことができますね。そんなわけで、年に一
度、グーグルマップの履歴機能にお世話になってます。個人情報を細かく
収集されるリスクと、利便性を天秤にかける必要がありますが、プラスに
なると思う方も、怖いと思う方も、スマホを持ち歩いている人は、一度覗
いてみてはいかがでしょう?
タイムラインの表示(グーグルマップ)>> https://goo.gl/xzUqFw
イヤだと思う方も、自分で「オフ」にしないと移動履歴が残り続けると思
うので。年末になると、1年の振り返りをする方も多いと思います。アス
リートなど「自分のスキル」を伸ばそうとする方に共通しているのは、必
ず自分のやったことの振り返りや反省の習慣がありますね。「人生のスキ
ル」を磨く上で、1年の振り返りはオススメです。
あなたは、どんな風に1年の振り返りをしていますか?昨年はどんな一年
でしたか?
ちなみに数年前の桜の時、飛鳥山で360度カメラを担いで休憩している
グーグルの人に会いました。ストリートビューの撮影ですかと聞いたら、
ハイと返事してくれました。富士山もあのカメラを担いで登ったんですね。
ご苦労様です。
●外国人アルバイトさえこなくなった「コンビニ」は誰が働くのか?
コンビニ業界の知られざる裏側を、内情に詳しいライターの日比谷さんが
詳細にレポートする当シリーズ。前回の「各コンビニチェーンが始めてい
る新サービス」に続き、今回取り上げるのは、外国人アルバイトさえ集ま
らないと言われているほど深刻な「人手不足」を解消するためにローソン
が始めた「最新技術を活用した新たな取り組み」について。コンビニ業界
にとって大きな悩みの種となっている人手不足問題を解決すべく、すでに
一部のコンビニで導入されているという新システムについて、日比谷さん
が詳しく解説しています。
★ローソンが進める人手不足対策『レジロボ』とは?
コンビニ業界のみならず、BtoCビジネスの現場で現在問題となっており、
今後もますます大きな問題になりそうなのが「アルバイト不足(人手不足
)」です。
コンビニ経営において、人件費は最大の経費(売上対比で約12%〜15%程
度)であり、経営を順調にするためにも人件費のコントロール(言い換え
ると抑制)が重要です。ところが、最低時給の改定による人件費のベース
アップにくわえ、上記のアルバイト不足による採用コストの上昇や近隣店
舗との人材獲得競争の激化によって、この人件費が高騰してきています。
以前のコラムでも外国人労働者への依存度が上昇してきていることを書き
ましたが、このような人材不足の傾向は変わることはなく、むしろ少子高
齢化の影響で働き手がますます足りなくなることが想定されます。
■コンビニから消える「日本人アルバイト」。外国人40%の地域も
現状、各店舗のオーナーは自分やその家族でシフトを回すことでなんとか
この事態に対応していますが、コンビニ各社も手をこまねいているだけで
はなく、これまで培ってきたIT、システムの力を活用し人手不足に対応し
ようと切磋琢磨しています。
ローソンでは、「レジロボ」という新しいレジシステムを開発・導入して
います。これによってレジ業務に必要な人員を削減することができ、これ
まで店内には最低2人のスタッフが必要だったのが、1人でも運用できる
ようになります。既にスーパーなどでは、お客さんが自分で商品スキャン・
現金決済を行う「セルフレジ」を導入する店舗が増えてますが、この「レ
ジロボ」も同様に大きなコスト削減効果が見込まれます。
さらにローソンでは、深夜時間帯の無人化も視野に入れています。このお
店は、アプリ会員限定のお店になりそうですが、入口で会員と認識された
お客さんだけが入店でき、買い物ができるようです。
コンビニの24時間営業を中止するのは、物流の問題や深夜時間帯でしか
できない作業もあり、実現することは相当困難です。しかし、このロー
ソン方式が実現すると、従業員はレジ対応をすることなく、ひたすら他の
作業を効率的に済ますことができるため、深夜時間帯のワンオペ(従業員
が1人)が実現できます。
★オーナー不足問題も最新技術でクリア?
いっぽうで、FCオーナー不足もここにきて表面化しています。特に深刻
なのが、既存店舗の後継者問題。FCオーナーである親が、日ごろから365
日働きシフト作業もこなす後ろ姿を見てきた子が、その商売を継ぐことは
なかなか厳しいものがあります。
店舗運営上、店長が不在のお店ができると、オペレーションレベルの低下
や不正、事故など様々な問題が発生します。そこで、複数の店舗を管理す
るオーナー制度を導入しつつあるのが現状です。
しかしながら、そのような制度を作っても実務が追い付いてかないのが実
際のところ。離れた場所からお店の状態が確認できて、適正な指示ができ
る。くわえて発注も自動でできる。最新のAI技術などを活用した、そん
な複数店舗管理システムが今後出てくるのではないでしょうか。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
連絡 1/12 葱辛味玉子拉麺を作りました。  B級グルメの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる