B級グルメの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 亜細亜最新情報 1/15

<<   作成日時 : 2018/01/11 20:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
亜細亜最新情報 ★ブレイクタイム★
●中国人が日本で薬を買いまくるのも無理はない!なぜならこんなに「違
う」のだから―中国メディア
環球網は、「中国人が日本に行って薬を爆買いするのは仕方ないこと」と
論じる記事を掲載した。
日本を訪れた中国人が購入していく商品リストの中で、常に上位を占めて
いるのが医薬品や健康食品だ。では、日本の薬の何が中国人を引きつける
のか。記事は、中国ならではの事情を指摘する。
中国人がよく購入する商品を細かく見ると、小児用かぜ薬や熱を冷ますシ
ート、せき止めシロップ、虫除けスプレーといった子ども用の薬と、青汁
や酵素といった健康食品がある。
記事によると、現在、中国では子ども用の薬が非常に不足している。製薬
会社は4000社余りあるが、子ども用の薬を専門に製造している企業は5%
にも満たないうえ、厳格な検査や審査基準もないという。一方、日本で販
売されている子ども用の薬は多種多様で、同じメーカーでも年齢ごとに細
かく分かれていたりする。
記事は、「日本の製品は細かいリニューアルを繰り返し、『患者のため』
を最高の目標にしているため、消費者に受け入れられている」と分析。ま
た、「中国では、栄養ドリンクなどに名前を見ても分からないような化学
合成物を多用して消費者に副作用の懸念を抱かせるが、日本では広く知ら
れたビタミンなどの栄養素を使用することで消費者自身に判断の余地を与
え、懸念を減らしている」とも指摘している。
このほか、日本のドラッグストアが中国語の商品案内を充実させたり、中
国人の習慣に合わせた陳列にしたり、中国語が分かるスタッフを配置した
りすることで中国人観光客に親近感を与え、購買欲を刺激していることに
も言及。最後に、「細かいところが成否を分ける。医薬品の効能には日中
で大差はないが、日本人の生産、販売における消費者に対する至れり尽く
せりの尊重と思い遣り、配慮は学ぶに値するものだ」と結んでいる。
●なぜ日本にいると、中国人であることが一発でバレるのか―中国ネット
中国のポータルサイト・今日頭条に、「なぜ日本の街中では、中国人であ
ることがひと目でバレるのか」と題するコラム記事が掲載された。以下は
その概要。
日本は中国文化の影響を大きく受けている。そのため、両国の人の容姿や
服装、文字、考え方などは似ていると言われる。一般的に、中国人が欧米
人に比べて日本で気兼ねせずに過ごせるのも、これと無関係ではない。一
方で、多くの日本人は中国人の行動に対して冷たい視線を向けている。
では、中国人と日本人の習慣にはどんな違いがあるのか。外国人は一般的
に中国人の声が大きいことを嫌う。日本語の発音には高低はないが、中国
には声調と呼ばれるものがあり音の高低や起伏で意味が異なる。日本語の
発音は穏やかさや理性といった印象を相手に与えるが、中国語は情熱や感
情という印象だ。だが、「郷に入っては郷に従え」の意識が足りないこと
がポイントではないかと考える。習慣は簡単に変えられないということは
理解できるが、国内にいる時と同じように周囲を気にせずに行動している
ことが問題である。国内では他の音に紛れてしまう声が、海外では耳障り
になるのだ。
すぐに仲良くなるのも中国人の特徴だ。列車や飛行機で隣り合った他人と
プライベートな話をすることはよくある。一方、こうした習慣を日本に持
ち込むと、日本人は驚いてしまう。日本人は簡単には他人に心を開かない。
友人や親せきであっても他人のプライバシーに突っ込んだ話をすることは
なく、天気や体調といった当たり障りのない会話が多い。しかし、これは
他人に迷惑をかけないことでもある。
日本人はよく「グレー」と呼ばれるが、彼ら自身もそれを否定しない。実
は、これはある意味で中国の儒教が引き起こしたことだとも言える。「礼」
を重んじるようになった日本では、自然と本音を話すことが少なくなった
のだ。ただ、あいまいでグレーであることは確かに良いこともある。相手
を気まずくしたり不利な立場にしないことも、相手への一種の尊重である
し、あいまいな態度を取っていれば、臨機応変に立場を変えられるという
利点もある。
さらに、日本人は集団を重んじる民族で、個人の行動は集団の利益に合致
していなければならないと考え、個人が主張することを良しとしない。さ
もないと孤立してしまう。一方、中国では集団と個人の行動が合致するこ
とは少ない。これが両国の人の行動習慣の根本的な違いを決定づけている。
別の角度から見ると、人口が多く国土が狭い日本では、人と人の距離感が
大事になる。事の大小に関わらず、他人に迷惑をかけたり助けてもらった
りした時には、繰り返し謝罪や感謝の意を伝える。一方、中国では過度に
礼儀正しくすると、かえって偽りであるかのような印象を相手に与える。
動作も同様だ。日本人は身体的な接触を避け、よくお辞儀をする。視線も
ずっと相手の目に合わせていることは少ない。しかし、日本人は言語のあ
いまいさから、相手の言葉遣いや動作から相手の意図をくみ取ろうとする。
対して中国は、それほど親しくなくても肩をたたき合うなどの身体的な接
触は頻繁にある。
日本のある調査で、日本人が中国人を嫌う理由に「うるさい」「汚い」「
ダサい」「ルールを守らない」が挙げられていた。静かで他人に迷惑をか
けないという特徴のある日本人にとっては、日本で中国と同じように行動
する中国人がうるさいと感じるのは自然なことだ。日本人はとてもきれい
好きで公衆衛生が行き届いているが、中国ではそうではない。ファッショ
ンも日本人のように気にしていない。「ルールを守らない」ことも、訪日
中国人の増加とともに素養が向上してはいるが、日本人の尊重を受けるに
はまだ道は長い。
日本人の中国人に対する見方をすぐに変えることはできないが、自分たち
を高めることで日本が師と慕った当時の中国のように強大になることがで
きる。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
亜細亜最新情報 1/15 B級グルメの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる