B級グルメの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 亜細亜最新情報 2/9

<<   作成日時 : 2018/02/09 09:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
亜細亜最新情報 ★ブレイクタイム★
●平昌五輪開催中の「日韓首脳会談」を絶対に中止すべき理由
前回掲載の「あえて言おう。安倍総理の韓国・五輪出席は『戦略的』に正
しいと」で、「慰安婦合意見直し問題」の渦中でありながら、平昌五輪の
開会式に参加する意向を表明した安倍総理の判断を、「真の国益という意
味で正しい」と絶賛した国際政治に詳しい北野さん。では、平昌五輪開会
式前後に予定されているという「日韓首脳会談」については、どのような
考えをお持ちなのでしょうか。
★日韓首脳会談をキャンセルした方がいい理由
昨日の記事、「あえて言おう。安倍総理の韓国・五輪出席は『戦略的』に
正しいと」には予想通りたくさんの反対意見をいただきました。当然です
ね。私も、感情レベルでは反対ですから。とてもよくわかります。今回は
昨日の記事の続きです。
安倍総理は、平昌五輪の開会式に参加する。そして、訪韓の際に、「慰安
婦合意見直しは認められない!」と伝えるそうです。
首相、平昌開会式に出席 日韓合意新方針 文氏に「拒否伝える」
産経新聞 1/24(水)7:55配信
安倍晋三首相は23日、首相官邸で産経新聞のインタビューに応じ、韓国
で2月9日に行われる平昌(ピョンチャン)五輪の開会式出席のため訪韓
する考えを明らかにした。その際に文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会
談し、慰安婦問題をめぐる日韓合意に関し、文政権が示した新方針を「受
け入れることはできない」と直接伝える意向を示した。
これは、やめたほうがいいですね。前号で書きましたが、総理の訪韓は、
中国主導の「反日統一共同戦線戦略」を「無力化させる」ことが狙いです。
五輪開会式出席で、その目的は達成されます。しかし、一方で「慰安婦合
意の見直しは認められない!」という。韓国国民は、「安倍は、このめで
たい日に、ムードをぶち壊すためにやってきた!」と不快に思うでしょう。
つまり、開会式に出るというポジティブな動きと、慰安婦合意見直しは認
められないという(韓国にとって)ネガティブな動きを両方することで、
結果がネガティブになる可能性が強い。さらに、国民の支持率が下がり、
自民党の反安倍勢力が勢いづけば?「結局、訪韓は大失敗だったよね!」
ということになりかねない。
では、どうすればいいのでしょうか? こちらの記事をごらんください。
首相の五輪出席 首脳会談は見通せず 日韓合意テーマ警戒、文政権は
消極的  産経新聞 1/25(木)7:55配信
安倍晋三首相が23日の産経新聞のインタビューで平昌五輪開会式出席
にあわせて、韓国の文在寅大統領と会談する意向を表明したことを受け、
日本政府は24日、韓国政府に首脳会談開催を打診した。首相の開会式出
席を再三求めてきた韓国側だが、日韓合意がテーマになることには消極
的なことから、首脳会談には言及していなかった。韓国が会談開催に応
じるかは見通せない。
「韓国が会談開催に応じるかは見通せない」そうです。
わかります。首脳会談が実現したら、どういう展開になるか予想できま
す。まず、安倍総理が、「五輪おめでとうございます!」と言う。次に
どっちが話を始めるかはわかりませんが、出てくるのは「慰安婦合意見
直し」の件でしょう。文さんが、「見直しします」という。安倍総理は、
「これは国家間の合意ですから無理です」という。五輪のお祝いムード
は吹き飛び、険悪な雰囲気になることでしょう。韓国メディアは、「安
倍が祝賀ムードをぶち壊した!」と報じるかもしれません。
では、どうすればいいのか? 簡単なことで、首脳会談をしなければい
いのです。向こうが渋っているのですから、先手を打って、「総理は忙
しいので、首脳会談は無理です」という。あるいは、「五輪で文大統領
は超多忙でしょうから、首脳会談はやめましょう」と言う。
総理は、開会式に笑顔で参加する。発言する機会があれば、「反日統一
共同戦線戦略」を無力化するために、「大切な隣国韓国で、平和の祭典
である冬季五輪が開かれることを心からお祝い申し上げます。この五輪
が、素晴らしい成功をおさめることを確信しています」
などといって、ニッコリ微笑む。開会式が終わったら、ちゃっちゃと帰
国したらいいでしょう。
●欧州、強まるポピュリズム 独仏は下院選の得票20%超
イタリアでは第1党うかがう
2018年の欧州は、既存政党に対抗し、大衆迎合主義(ポピュリズム)を
掲げる政党の勢いがさらに強まる見通しだ。政権選択に結びつく下院選
挙で極右、極左などの得票率は右肩上がりに伸び、ドイツやフランスは
20%を超えた。3月のイタリア下院選でもポピュリズムの「五つ星運動」
が第1党をうかがう。貧困や難民問題で後手に回った既存政党への不信
感が底流にあり、欧州政治は不安定さを増す。
「我々は5年前よりずっと強くなった。私にはすでに勝ったとわかる」。
イタリア北西部のイブレア市で13日、五つ星運動の党首、ディ・マイ
オ氏(31)は声を張り上げた。建設作業員やウエーターなどを経て下院
議員に当選した同氏は、経営難の銀行を救済し、中小企業を支える「公
共銀行」の設立を約束。貧困層には最低でも月780ユーロ(約10万円)
を支給し、400もの「無駄な法律」を廃止するという。
中道左派の与党や元首相のベルルスコーニ氏が率いる中道右派は大型減
税などで対抗。選挙戦は「ばらまき合戦」の様相を帯び、欧州最悪の財
政をどう立て直すかといった政策論は深まらない。
イスラム排斥を掲げる極右「ドイツのための選択肢(AfD)」、反欧
州連合(EU)の極左「不服従のフランス」――。欧州で支持を伸ばす
反既存政党は極右から極左まで幅広い。難民の排斥や財政を無視した
社会保障などの過激な政策を掲げ、既存政党との分かりやすい対立構
図を作る政治手法は共通している。
反既存政党への支持は2000年代以降、欧州の主要国でほぼ一貫して伸
びてきた。下院選挙での得票率は10年ほど前にはフランスやドイツは
10%前後だったが、17年にはフランスが26%、ドイツが22%に高まっ
た。
マリーヌ・ルペン党首の仏国民戦線やウィルダース党首のオランダ自由
党のような比較的歴史のある政党だけでなく、新しい勢力が台頭してい
ることも特徴だ。ナチズムへの反省が強かったドイツでも、17年9月
の下院選挙で極右のAfDが第3党に躍進した。
オーストリアでは極右の自由党が17年12月に連立政権に入り、チェコ
ではポピュリズム政党とされる「ANO」のバビシュ党首が首相に任命
された。実際に国内政治を動かす例が出てきた。
背景には、若者の高い失業率や所得格差の広がりで、既存政党への不満
が高まっていることがある。ユーロ圏の失業率は8%台だが、24歳以下
の若者は18%強と約2倍。フランスは20%超、イタリアは30%超で、
若者が安定した職を手に入れるハードルは高いままだ。さらに、所得が
平均の6割以下という「相対的貧困」も増えている。EU全体で8600
万人に達し、債務危機の始まった10年に比べて500万人以上も増えた。
欧州の景気は4年半にわたって力強く回復しているが、賃上げの動きは
依然として鈍い。景気回復の恩恵が一部の資産家や高所得者に偏り、若
者や中低所得者に行き渡っていない可能性が高い。
かつて、そんな不満の受け皿になったのは中道左派の社会民主主義勢力
だった。ところが欧州の左派勢力は、ドイツ社会民主党(SPD)や、
少し前までの英労働党のように、政権参加を通して右寄りに政策を転換。
不満を抱える有権者の受け皿になりにくくなった。行き場を失った不満
票の一部がポピュリズム政党に流れている構図だ。
さらに15年以降の難民問題も影を落とす。シリアなどから欧州に流入し
た難民らの数は同年だけで100万人を上回った。その後、欧州はトルコ
などの協力で流れを抑え込んだが、すでに流入した難民らは財政を圧迫
し続け、治安への不安にもつながっている。
17年10月のオーストリア議会選では、難民らへの社会保障給付が焦点
になった。国内の貧困などの問題がなおざりにされたまま、難民ばかり
手厚く扱っているのではないかとの疑念を持たれやすくなっている。
反既存政党が議会に一定の勢力を持つと、過半数が必要な連立政権作り
は難しさを増し、政治は不安定になる。極右が第2党になったオランダ
は17年、連立政権作りに7カ月もかかった。極右と旧東独の共産党系
で議席の2割超を占めるドイツでも、連立協議は迷走を繰り返している。
ポピュリズムのうねりをどう止めるのか。ヒントになりそうなのが、フ
ランスのマクロン大統領だ。既存政党への不安を取り込んでいる点は同
じだが、政策は労働市場改革など経済成長を軸にした王道をいく。有権
者の不安が政治の力に変わるのだとすれば、説得力のある言葉で新たな
政策を提示していく地力が求められている。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
亜細亜最新情報 2/9 B級グルメの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる