B級グルメの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 連絡 5/10 ランチは万世で。

<<   作成日時 : 2017/05/10 08:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
お早うございます。今朝は久し振りの雨。18度。昨日は久し振りにスーツ
を着て出かけてきました。打ち合わせはシャングリラ東京のティーラウンジ。
珈琲1杯が1800円。高いですね。午前中に友人から連絡がありランチを
万世で食べてきました。アイスコーヒーサービスでもホテルの金額に行き
ません。今日はアキバでミーティングして夜は六本木の焼き鳥です。少し
ずつ動きが出てきましたね。小さな幸せを見つけましょう。明るく楽しく健
やかに素敵な一日をお過ごし下さい。午後は雨があがるみたいです。
今日はバード・デー、ホームソーイングの日、LPガス消費者保安デー、
植物油の日。橋田壽賀子、扇千景、山口洋子、高橋伴明、山口果林、藤
あや子、田代尚子、武田修宏、島田珠代、山崎一彦、相沢友子、多田亜
沙美、穴沢真啓の誕生日。1900年日本初の電気自動車お目見え、
1911年大阪府日本初の消防自動車購入。
★ブレイクタイム★
●「芽が出たことはありますか?」
それまで積んできた経験が、見える形の成果となることを「芽
が出る」と言ったりすることがあります。
これまで芽を出したことはありますか?
かが芽を出すのを手伝ったり、目の当たりにしたことはありま
すか?
「期待していた部下が、デキが悪くて・・・」という話を聞い
たのは数年前のことでした。いわく、入社当時、すこし不器用
そうだけど、挨拶がハキハキしていて、誠実で素直そうなので
「この人は伸びる」と思って、その部下を特に目をかけて指導
してきたそうです。しかし、チャラチャラして軽薄そうな同期
や、数年すると後輩にまで業績を追い抜かれ、「いつまで経っ
ても芽が出ない」ということに焦りを感じてきたそうです。
その部下は、相変わらず誠実で素直に接してくれるので、いき
なりこちらの態度を変えるつもりはないけれど、「もしかした
ら自分の指導が間違っていたのかもしれない」と思うと、どう
したらいいのかわからなくなる・・・・・・とのことでした。
部下だったり、後輩だったり、期待していたけど、思ったよう
に成長してくれなくてモヤモヤするという経験をされている方
も多いと思います。
本人の資質はもちろんのことですが、それを見抜けなかった自
分、きちんと指導できなかった自分、そんな自分に対して自己
嫌悪になることもあるかもしれませんね。
七十二候では、「草木萌動(そうもく めばえいずる)」と言う
時があります。草木の芽が土からひょっこり顔を出し始める季
節、ということです。
人間でも、成果の出せるようになった人のことを「あの人は芽
が出た」とか、成果がなかなか出ない人のことを「あの人はな
かなか芽が出ない」なんて言ったりすることがあります。
なかなか芽が出ない人に対して、成果主義の会社であれば「肩
をたたく」ということがあるかもしれませんが、そうでない場
合、自分の指導法を変えた方がいいのか?
それとも、このまま様子を見続けた方がいいのか?
悩ましい事ってありますね。
上記の「期待していた部下が、デキが悪くて・・・」という方
に、話をしました。なかなか芽が出ないという部下に対して、
指導法を変えるのか、それともしばらく様子を見るのか迷った
ら「芽」じゃなくて「根」の方を見てみると良いですよ、と。
どういうことかと言うと、「芽」というのは、成果です。
「根」というのは、芽を支える素養です。
芽(成果)は、分かりやすいですが、一方で根(素養)とは、
成果を出すために必要な普段の振舞いだったり、経験の積み重
ねです。たとえ今は芽が出ていなくても、入社したときに比べ
て、振舞いに磨きがかかっていたり経験の積み方に変化があれ
ば、根が育っている証拠です。
しばらく様子を見れば、芽が出るかもしれません。
無理に指導法を変えたり、焦らせたりするのは逆効果になって
しまうことがあります。一方で、誠実で素直だけれど、入社し
たときと振る舞いや経験の積み方が変わっていなければ、根は
育っていないと言えます。おそらくこのままでは、芽が出るこ
とはないでしょう。期待していた部下が、デキが悪くて・・・
という方に「その部下の根は育っていますか?」と聞いたら、
確かに入社したときに比べて、挨拶や報告などはしっかりして
きたし、営業でお客様を訪問するときも、自分なりにいろいろ
工夫をして試行錯誤して経験を積んでいる。
根は育ってきていると言えるんじゃないかな・・・とのこと。
その2年後ぐらいに、再びその方と会った時どうなったのか聞
いたところ、それから半年ほど様子を見ていたら、徐々に成果
を出すようになって、その彼が工夫して編み出した営業法の一
部が採用されて今では全社で取り入れているそうです。
「もし私が指導法を無理に変えていたら、その営業法が採用さ
れることはなかった」と言ってました。
どんなことでもそうですが、芽を出すためには、まず根を張る
ことが必要です。発芽した種を見てみると、小さな芽を支える
ために、綿毛のようにビッシリと細かい根が張りますよね。
あなたも、部下や後輩の芽がなかなか出なくて・・・と悩んで
いたら、自分が期待されているのはわかるけど、なかなか成果
が出せないと悩んでいる方がもいるかもしれないですね。
成果を焦ると、ついつい「芽」の方ばかりに目が向きがちです
が、「根」が張っているかの方に意識を向けてみてはいかがで
しょう?日々少しずつでも根が張り広がっているのであれば、
芽が出る日も近いはずです。
●「ないものはない」 若者が移り住み、離島を再生
島根県の海士町
島根半島の沖合約60キロ、日本海に浮かぶ隠岐諸島は大きく「
島前」と「島後」に分かれている。島前に位置する有人島が西ノ
島、中ノ島、知夫里島の3島で、なかでも注目を集めているのが
人口約2300人の中ノ島、つまり島根県海士町だ。地方創生のト
ップランナーとして、若い移住者たちを引きつけ続けている離島
が今、新たなピンチを迎えているという。日本列島の未来がかい
間見える島で、町が直面している課題を追いかけた。
画像

■消滅への赤信号がともる島
島根県本土にある七類港からフェリーに乗って約3時間、押し寄
せる波に揺られて海士町の玄関口、菱浦港へ到着した。海士町に
拠点を置く町おこしベンチャー「巡りの環」が主催する、島の就
農移住体験ツアーに同行するためだ。
ツアーに参加していたのは、東京や大阪、神奈川などで暮らす男
女9人。多くは都会での働き方に疑問を抱き、いずれは農業をし
ながら田舎暮らしをしたいと考えている20代、30代だ。
フェリーから降りてすぐ目に飛び込んできたのは、大きく「ないものはない」
と印字されたポスター。都会のように便利ではないものの、本当に大切なも
の、生活のために必要なものはなんでもある自然豊かな島を表すスローガ
ンで地元ではすっかり定着している。
島根県海士町が広くその名を知られるようになったのは、消滅への赤信号
がともってからだ。高度経済成長期以降、島では人口流出の時代が長く続
いた。1950年(昭和25年)には約7000人いた人口が、今では約2300人
にまで減っている。
1999年度(平成11年度)の段階では、年間予算約40億円の町が、約100
億円の借金を抱えていた。「三位一体の改革」が吹き荒れた2004年度(平
成16年度)には、地方交付税が一気に1億3000万円も減少。これは町
の税収に匹敵する額だった。海士町を含む島前3島は「平成の大合併」も
拒否し、すでに単独町制を維持する道を選択している。
財政シミュレーションでは、2008年には財政再建団体(現・財政再生団体)
に転落するという予測もあった。危機感募るなか、町のリーダーである山内
道雄町長が自らの給与を5割カット、職員も最高で3割カットするなどして
危機を乗り越えてきた。トヨタ自動車、ソニー、リクルートなど都会の大企業
に勤めていた若者が相次いでこの島にIターンして注目を集めたのも、そん
な危機の最中だった。
「僕に与えられた最初の課題は、第三セクターが運営しているCAS凍結セ
ンターの生産工程を、トヨタ生産方式で改善することでした」と話すのは、I
ターン者のひとりで、ツアーを主催した「巡りの環」代表の阿部裕志氏だ。
愛媛県出身で、京都大学大学院を修了後、トヨタに入社した。生産技術エン
ジニアとして高級車「レクサス」の立ち上げや生産ラインの革新に携わってい
たが、2008年、会社を辞めてこの海士町へと移り住んだ。
■島で働く4人に1人がIターン
ツアー初日、住民たちの憩いの場として使われている廃校となった小学校
の教室で、巡りの環のスタッフからこんな説明を受けた。
「島の生産年齢人口は約1100人。ざっくり言うと、そのうち250人から300
人がIターンです。つまり、島で働く約4人に1人はよそ者であり、その定
着率も55%に上っています」。一般的なIターンの定住率はおおむね3割
程度というから、かなり高い数字だ。
「東京から島に移住してみたら、意外となんでもありました」と話すのは、昨
年、夫について島にやってきた女性スタッフだ。コンビニエンスストアは1軒
もなく、食料品の買い出しはもっぱら町内の個人商店へ。品数や種類が限
られる分、何を買おうか悩むこともなくなった。しばらくはのんびりしようかと
考えていたが、島の人たちから口々に「あなたは何をしているの」と聞かれ
るため、慌てて職を探したという。超少子高齢化の島では、「共働き」が当た
り前なのだ。
「ここでは大事なことはすべて町内放送で流れます」と、案内役のスタッフが
教えてくれた。Iターン者はたいていこの町内放送を聞き漏らすか、聞いて
もわからないことが多く、混乱するという。
 「例えば、明日の午前7時にどこそこへ集合して草を刈りましょう、という放
送があったとします。そのどこそこが、移住者にはわからない地名だったり
する。時間きっかりに行ったのでは遅く、午前7時集合であれば、みんな午
前6時半には着いて作業を始めています。行ったらすっかり作業が終わって
いたということもあるため、注意が必要です」
翌朝、宿泊先の民宿で町の教育委員会を開く町内放送を聞いた時は「なる
ほどこのことか」と思った。寝ぼけていたら、たしかに聞き漏らしそうだ。別
の日の朝には、隣島にある病院の休診を伝える放送が流れていた。
■人口減少の島で待機児童問題が発生
海に面した山の斜面では、放牧された牛たちが干した稲わらや草をはんで
いた。そんなのどかな景色とは裏腹に、人間たちはみな早朝から漁に出た
り、畑仕事をしたり、地域のつきあいに出たりして忙しい。伝統的に半農半
漁で暮らしてきたこの島では、農業プラス漁業、あるいは民宿、会社勤めの
傍ら畑仕事もするなど、複数の役割をこなしながら生活している人が多い。
案内役のスタッフが車のハンドルを握ったまま、フロントミラー越しに「ここは
医師、教師、看護師と、師の付く職業はすべて足りないんです」と語った。島
に病院はなく、診療所しかない。出産など外科的処置が必要な場合は、フ
ェリーか救急ヘリに乗って松江市内の病院へ行く。そんな島でこの春、待機
児童問題が発生したという。
少子化を受けて、もともと2つあった保育園を1つに集約したものの、若い移
住者が増えたことにより、数年前、残した保育園の定員を60人から80人に
増やす対応策をとった。にもかかわらず、この春産まれる予定の新生児が
予想以上に多かったため、定員をオーバーしてしまった。乳幼児を預かる保
育士も産休に入る予定で、その補充にも頭が痛いらしい。
「なにぶん、うれしい悲鳴ではあるのですが……」と、スタッフも苦笑い。共
働きが多いため、いざ人手が欲しいとなると、働いていない人を探すのが難
しいそうだ。
■野菜作りの担い手は80歳以上
移住者にとって、見知らぬ土地で住む場所を探すのも難しい。海士町の場
合、町が不動産業者の代わりとなって町営住宅を世話してくれる。単身者の
場合、家賃は約2万円。家賃3万1000円の6LDKに、家族で暮らす移
住者もいる。町営住宅は今、「空き待ち」が出るほど人気だという。
大卒公務員(一般行政職)の初任給が約16万円と、海士町の給与水準は
決して高くない。それでも、臨時職やパートタイムの仕事ならすぐにでも見つ
かる上、時給1500円もらえる草刈りのアルバイトもある。地元の人が心配
して、野菜でもおかずでも玄関先まで運んでくれることもある。まさに「ない
ものはない」だ。
そんな島の魅力が今、根底から崩れそうな事態も起きている。島の自立に
欠かせない1次産業の従事者が、このままではいなくなってしまうからだ。
島で1次産業に従事しているのは現在約190人。島前3島のうち唯一湧
き水があり、平地でコメを生産できるのはこの中ノ島(海士町)だけで、水田
は約100ヘクタールある。人口の5倍にあたる生産量を確保できるもの
の、米価が下がり、専業で食べていくのは難しい。そのため、町を挙げて「
本氣米」という名のブランド米も売り出している。
コメに輪をかけて危機にあるのが、野菜づくりだ。約2ヘクタールある島の
畑から出荷される野菜は、集荷を担う町職員の手を通じて「しゃん山」と呼
ばれる島の産直場へと運ばれる。学校給食で使う野菜もほぼこうした地
元産でまかなわれているものの、肝心の作り手である野菜出荷農家は現
在約20人しかおらず、その多くは80歳を超えている。「このままでは、島
で野菜を自給自足できなくなってしまう」という危機感が、今回の就農移住
体験ツアーへとつながった。
■過疎地の現実と理想とのギャップ
2泊3日のツアー最終日。参加者が全体を振り返り発表するプログラムに
は、休日にもかかわらず、町長の山内道雄氏と地産地商課課長の大江
和彦氏らも駆けつけた。ひ孫ほどの年齢にあたる参加者の声に真摯に耳
を傾けていた山内町長が、途中、「ちょっといいですか」と手を挙げ、「そん
なんでは食っていけん」「もっと真剣に稼ぐことを考えないと」と叱咤(しった)
激励する場面もあった。
島内に流通する分だけで生活が成り立つのであれば、誰でも野菜を作る。
そうでないからこそ、島の野菜作りは難しい。「稼ぎに固執しない農業を」
「手作りの野菜を作って、理想の島暮らしを実現したい」と夢見る参加者と、
生き残りをかけて本気で産業を育成したい町長ら。両者の間にある認識の
溝を、ひしひしと感じた。
じつは島の飲食店もホテルも商店も、地元の野菜をそれほど多く仕入れ
てはいない。新鮮でおいしいのはわかっていても、必要な量を安定して確
保するのが難しいからだ。
島外から野菜を運べば、当然、運賃コストが価格に上乗せされる。生活コ
ストもかさむ上、災害などの危機が即、食糧危機に直結してしまう恐れも
高くなる。地方創生の優等生、海士町が直面している課題には、やがて
くるかもしれない日本列島の未来も映り込んでいる。
●おまとめローンに死角 銀行一本化 借金再び可能に
銀行が無担保で多額のお金を貸すカードローンで、複数の借金を一本化
する「おまとめローン」が、消費者金融への法規制の「抜け穴」になってい
る。消費者金融の借金は上限規制があるが、規制外の銀行の「おまとめ」
に移せば、消費者金融から新たな借金ができる可能性があるからだ。
多重債務を懸念する弁護士らは銀行への法規制を求めている。
「複数のお借り入れを一つにまとめて返済を楽に!」。ある地方銀行のホー
ムページには、「おまとめローン」のメリットをうたう宣伝文句が並ぶ。複数
の借金をまとめると金利が下がり、返済日も集約できて管理しやすい、とい
う。
このローンが、消費者金融を規制する貸金業法の「抜け穴」になっている。
同法で消費者金融は「年収の3分の1超」の貸し付けができない。例えば、
消費者金融で年収の3分の1まで借りる。その後銀行のおまとめローンに
借り換えると、消費者金融の借金はいったんなくなり、再び消費者金融か
ら「3分の1」まで借りられる。銀行と消費者金融からの借金が積み上がり
かねない。
また、銀行は貸金業法の規制外なので、おまとめローンからさらに上乗せ
して、年収の3分の1超の額を貸すことができる。カードローンを比較でき
るカカクコムのサイトには、「銀行からの借り入れは(貸金業法の)総量規
制の対象外で、おまとめローンを利用した場合でも、追加融資をしてくれる
可能性がある」と記されている。おまとめローンは銀行にとってメリットだ。
複数の消費者金融などが受け取っていた利息を、1行でまとめて受け取れ
る。貸付額が大きくなり、利息収入も期待できる。
■消費者金融頼り破綻の例も
多重債務に詳しい三上理弁護士は「銀行に借金を集約したあと、消費者
金融などで借り入れを増やし、破綻(はたん)する人は多い」と指摘する。
1千万円近い借金を銀行で一本化し、そのあと他の銀行や消費者金融
で借金を重ね、総額が年収の3倍超の2600万円まで膨らんだケースも
あるという。
おまとめローンを提供する銀行は「借りすぎないように注意喚起している
」(東京スター銀行)というが、「借り換え後に他の借り入れを制限するの
は難しい」(ネット銀の担当者)とする声もある。
銀行のカードローン残高はすでに消費者金融を超え、多重債務への懸念
は強まっている。
しかし、銀行業界は貸付額への規制に消極的で、金融庁の遠藤俊英監
督局長も4月の国会答弁で「横並びで規制をかけるのではなく、銀行が
自分で考えるべき話ではないか」と述べた。
銀行は収入証明がない場合の貸し付け上限を下げ、過剰な宣伝は控え
るなど、過剰融資の対策に乗り出た。それでも、おまとめローンのような
「抜け穴」は残り、「銀行も規制対象に加えるべきではないか」(三上弁
護士)との声が勢いを増す可能性がある。(藤田知也)
■銀行が提供する「おまとめローン」の例
◇住信SBIネット銀行
最高1200万円、最短60分で審査。年利0.99〜7.99%
◇東京スター銀行
最高1000万円。年利5.8〜14.8%
◇三井住友銀行
最高800万円。年利4.0〜14.5%
◇楽天銀行
最大800万円。年利1.9〜14.5%
◇スルガ銀行
最高800万円で最高120回払い。年利3.6〜14.9%
◇オリックス銀行
最高800万円。年利1.7〜17.8%
(各社ホームページから。複数の借金を一本化すれば金利が低くなり、「
返済負担を軽減できる」「返済日を集約して管理しやすくなる」などとPRし
ている)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
連絡 5/10 ランチは万世で。 B級グルメの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる