B級グルメの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 連絡 11/2 シメジいっぱいの和風拉麺を作りました。

<<   作成日時 : 2017/11/02 08:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
お早うございます。今朝は晴れ。13度。朝晩は冷えますね。それでも昼
は20度近くになるそうです。明日から3連休なので今週は今日でおしま
い。今日も午前中東京駅周辺に出没します。昨日、大変失礼をしてしま
いました。アポイントを取る時に1日午後、2日午前の時間帯指定をし
ていて、1件が2日10時で確定してました。もう1件が1日17時で来
たので、自分の頭の中では2日の11時と言うのがあって11時への変更
をお願いして了解を頂きました。でも日付を入れていなかったので先方
は1日の11時。自分は2日の11時で確信してました。1日11時に電話
頂き、前文のメールを確認して自分の間違いに気が付きました。あって
はならない失態でご迷惑をかけてしまいました。大反省でした。友人な
ので許して頂けましたが、逆の立場だったらと冷や汗が出てきます。少
し自由な動きをしていて気が緩んでいるんですね。再度気を引き締め直
ししました。11時の約束は後日という事になりました。アポは確認の上
に確認しましょう。週末なのにとんだ失敗話ですみません。小さな幸せ
を見つけましょう。明るく楽しく健やかに素敵な3連休をお迎え下さい。
今日はおはら祭り、阪神タイガース記念日、死者の日、唐津くんち、博
物館デー、米エレクションデー。後醍醐天皇、マリー・アントワネット
人生幸朗、三橋達也、馬渕晴子、田中秀幸、平田満、美木良介、中山加
奈子、野田幹子、中垣内祐一、吉田真希子、佐藤寛之、今村雅美、吉村
樹里、AIの誕生日。1940年大日本帝国国民服令公布。1985年阪神タイ
ガースが初の日本一に。
★ブレイクタイム★
●「未来の自分に託したことはありますか?」
「来週の自分が、がんばってくれる」と言っていたのは、ある漫画家の
方。これを書いていて質問されることの1つに「どうすれば継続力が身
につきますか?」というのがあります。何かを体得するために、毎日継
続して取り組みたい、でも、いつの間にかあきらめて挫折していること
が多い・・・どうしたらいいのか?ということですね。
継続のコツはいろいろありますが、その1つに「明日の自分に期待しな
い」というのがあります。そんなことを言うと、未来の自分がダメにな
るような気がするかもしれないですね。そうではなくて、たとえば「毎
日10回腹筋をする」という目標を立てたとしたら、今日はできないけ
ど、明日20回やればいいか・・・という日は、絶対に作らないという
ことです。今日できないことは、明日もできませんから。
次の日には、昨日も、今日もできなかったけど、明日30回やればいい
か・・・となって、いつかココロが折れるのが目に見えています。
できないことを明日の自分に押し付けるのはやめましょう・・・という
ことです。・・・と、偉そうなことを言っている私ですが、「明日の自
分が考えてくれる」と思って、今日考えることを手放すことがあります。
あまり裏側の話をするのは忍びないですが、メルマガで、1つのテーマ
が1回にまとまらず話が続くことがあります。次回と入っている回です。
書きたいことが長すぎて分割することがほとんどなのですが、ごくたま
に、話の締め方がわからなくなってしまい「明日も続きます、お楽しみ
に」としてしまうことがあります。
今の自分には、この話をどう終わらせたらいいのかわからないけれど、
明日の自分なら、きっと良い形で終わらせてくれるに違いない・・・
そんな期待をしつつ、翌日に持ち越すわけです。
そう思えるようになったのは、漫画家のゆでたまごさんの記事を読んだ
ことがきっかけでした。ご存じの方も多いと思いますが、「キン肉マン」
というプロレスマンガで一世を風靡した方で、私も読んでました。
とにかく出てくる敵がやたらに強すぎて、主人公たちは、どう考えても
勝てないような絶体絶命の窮地に追い込まれます。でも毎回、奇想天外
で珍妙な返し技で、自分よりも圧倒的に強い敵を倒していくのです。
以前、そのゆでたまごさんのストーリー制作方法についてのインタビュ
ー記事があり、興味津々で読んだことがあります。
どうやって、あのアイデアを生み出しているのだろう?と。
いわく、読者へのインパクトを優先して、敵を強くしすぎてしまい、困
ることはよくあったとのこと。強い敵を描くことに必死になってしまい、
その倒し方まで頭が回らないこともあるそうです。
「でも、来週の自分ががんばってくれますから」と、未来の自分に丸投
げしてしまうこともあったとのこと。未来の自分が、倒してくれると信
じているから、今の自分が、だれにも倒し方がわからないようなめちゃ
めちゃ強いの敵を描くことができる。・・・とも言えるかもしれないで
すね。
そのインタビューを読んで、面白いなと思い、たまにメルマガで、今日
の自分にはわからないけど、明日の自分ならわかるはずという感じで、
話の締めを翌日に持ち越すことがあります。
明日の自分に「考える宿題」を出すような感じですね。不思議なことに、
問題意識を持って一晩寝ると、昨日までわからなかったことが、今日に
なってふっと答えが降りてくることがあります。自分のアタマの中で、
新しい宝物を見つけた感覚です。いちおう言っておきますが、今日は書
けないから、明日2本書けばいいというような持ち越し方はしていない
ので、あしからず。あなたは、今の自分にはわからないけど未来の自分
なら答えを見つけてくれると信じていることはありますか?
●観光客の半数が食べずじまい。八戸市民が本当にオススメする郷土料

八戸市民の皆さんがショックを受けるかもしれない調査結果が出てしま
いました。青森県八戸市に住んだことのある人と、八戸市へ観光に訪れ
たことのある人にとったアンケートによると、ジモトの人がおすすめし
たい八戸の郷土料理と観光客が実際に食べた郷土料理にかなりの乖離が
あることが判明しました。
画像

★観光客の50%がジモトおすすめ郷土料理を食べていなかった
八戸市民が大ショックを受けてしまうかもしれないこのグラフ、見事な
乖離に思わずため息が出てしまいそうです。八戸市民がおすすめしたい
郷土料理トップ3の「八戸せんべい汁」「いちご煮」「磯ラーメン」の
いずれも、観光客が食べているのはジモトの期待値の半分以下。ちなみ
に唯一期待を上回っている「八戸ラーメン」は南部地鶏と煮干しでダシ
をとった醤油ベースのスープが縮れ麺に絡む昔懐かしの味が特徴のラー
メンです。
「当てはまるものがない」と答えた約50%の観光客の方が何を食べたの
か気になりますが、八戸といえば太平洋に面しており、八戸漁港ではイ
カやサバなどが水揚げされる海産物の宝庫。観光客はジモトに根付いた
北の国ならではのあったか郷土料理よりも、海鮮丼など生の海の幸を食
べる傾向が強いのかも?
★ちょい足ししても美味い!八戸市民が恋しくてたまらない郷土料理
せっかくなので、八戸市民がおすすめしたい郷土料理を改めてご紹介!
ジモトならではのちょい足し技にも注目です。
肉、魚、野菜、きのこなどで取ったダシ汁の中に、小麦粉と塩でつくる
鍋用の特別な南部せんべいを入れ煮込んで食べる八戸せんべい汁は、鍋
としても汁物としても食べられる郷土料理です。
画像

ご当地グルメの祭典B−1グランプリを受賞したのがきっかけで、この料
理を知ったという方も多いと思いますが、実はB−1グランプリは、八戸
市の「八戸せんべい汁研究所®」が発起人なんだそう!八戸せんべい汁は
ご当地グルメグランプリのはしりとも言えますね。
アルデンテなせんべいの食感がたまらない八戸市民のおふくろの味・八
戸せんべい汁は、いちご煮やサバ水煮缶をいれて食べるなど、家庭で作
り方が少しずつ変わるようですよ。
いちご煮
画像

八戸せんべい汁のちょい足しでもご紹介したいちご煮は、いちごといえ
ど果物ではありません。ウニやアワビがよく採れる八戸地方で昔から食
べられる浜料理のひとつで、昔はウニとアワビを豪快に盛った煮付け料
理だったそうですが、大正時代から料亭料理のお吸い物として食べられ
るようになりました。今でもお正月には欠かせないおめでたい料理とし
て重宝されています。
そんないちご煮ですが、お吸い物で炊き込みご飯にしたり、ラーメンに
したり、焼き餅をいれてお雑煮にすることもあるそう。ウニたっぷりの
お雑煮なんて、ちょっと羨ましいですね。
八戸ラーメン
画像

先にもご紹介した八戸ラーメンは煮干しのダシがよくきいた醤油ベース
の縮れ麺が特徴。あっさり味だけど奥深い旨味が詰まったスープはお酒
の〆にも良さそう。
そばかっけ
画像

蕎麦のかけら(端っこ)という意味から「そばかっけ」と呼ばれるよう
になった郷土料理です(諸説あり)。こねた蕎麦をひらたく伸ばし三角
に切ったものを野菜やきのこを入れた鍋で湯がいていただく食べ方は、
まるで蕎麦のしゃぶしゃぶみたいですね。
鍋だけでなく、そばかっけを油で揚げておやつ代わりに食べたり、おし
るこのお餅代わりに入れる家庭もあるそうです。
グラタンフライ
画像

八戸にある食料品店・むつ食品ストアで販売されている「グラタンフラ
イ」は、ジモトの中高生のおやつとして大人気のお惣菜です。玉ねぎや
鶏肉などが入ったマカロニグラタンを、春巻きの皮で包んでパン粉をつ
けて揚げたもので、サクサクの衣からトロッと溢れるグラタンがたまら
ない!
ジモトではサンドイッチの具として、チーズやキャベツと一緒に挟んで
食べる方もいるそうです。
八戸ばくだん
画像

イカの水揚げ高日本一を誇る八戸ならではなのが「八戸ばくだん」です。
八戸で水揚げされたイカをさいの目状に切り特製醤油ダレに漬け込んだ
ものに、いくらや卵黄を添えて丼にしていただきます。田子産ニンニク
とショウガを使ったタレが絶品とのこと!
八戸市を観光に行かれる際は、是非ジモトの方が食べて欲しい郷土料理
を狙って食べてみてはいかがでしょう?
●「前進することを止めなければ、トンネルはいつか必ず抜ける」
読んだ人が元気になれるサプリのようなコラム。朝のしんどい満員電車
で、少し眠くなってきたランチの後に、上司に叱られた夕暮れ時に、何
だか眠れない夜に。。。あなたに届ける人生サプリ。
前進することを止めなければ、トンネルはいつか必ず抜ける
「電車がトンネルに入ると、真っ暗で不安になりますね。だからといっ
て、電車がそこで止まってしまったら、永久にトンネルから抜け出すこ
とはできません。その代わり、前進することを止めなければ、いつかは
必ずトンネルを抜けることができます。」
忙しい日が続いてすっかり間が空いてしまいました。いつもメッセージ
を読んでいただきありがとうございます。
今回は上記のフレーズを取り上げてみました。これも何かのインタビュ
ーの時にお話しした内容の一部だったかと思います。
今、移動中の新幹線の中でこの原稿を書いていますが、新幹線に乗って
いると、トンネルがたくさんあります。東海道新幹線で13%、東北新
幹線で31%、山陽新幹線や九州新幹線では約50%がトンネルです。
トンネルに入ると真っ暗で、いつ抜けるのかがわからないので、不安に
なったりイライラしたりすることがあるかもしれませんが、電車が前に
向かって走り続けている限り、そのうちトンネルは必ず抜けます。
人生も同じようなものではないでしょうか?誰にでも突然、出口もわか
らない漆黒のトンネルに入ってしまうような時期が必ずあります。上手
くいかないことが続いたり、長いスランプに陥ると、将来が不安になっ
たり、ヤケを起こしたりしがちですが、そうではなく、粛々と日々やる
べきことをこなし、淡々と前に進み続けてさえいれば、いつか状況が好
転する日は必ずやってきます。
そして、電車のトンネルが、目的地に到達する最短経路を確保するため
のものであるように、人生におけるトンネルも、後から振り返れば、そ
のトンネルを抜けるのが実は目標達成に向けた最短経路であるかもしれ
ません。
だから、人生のトンネルに入った時に一番大切なことは、不安になった
り、うろたえたりして前に進むことを止めないことです。落ち着いて、
一歩ずつでも構わないから、前に進むことを続けている限りは、必ずい
つかそのトンネルを抜ける日が来ることを信じて、あきらめずに進み続
けることです。
しかし残念ながら、多くの人達は、トンネルに入ると、うろたえ、自信
を失い、あるいは足がすくんで前に進むことを止めてしまいます。そし
て、後戻りをしたり、横に逃げ道を探したりして、結局、トンネルの先
に開けている目的地にはいつまでたっても到達できず、そのうち、目的
地がどこだったのかさえもわからなくなってしまいます。
そのまま前に進み続ければ、後ほんの100メートル先に出口があった
かもしれないのに、最後の最後でそのラスト100メートルをあきらめ
てしまうのです。これは本当にもったいないことだと思います。
野球のイチロー選手は、次々と前人未到の記録を達成し続けて来ました。
それはイチロー選手が、何があっても前に進むことを止めなかったから
です。年齢を重ねて40代となり、標準的なプロ野球選手としてはとう
に現役選手としての限界を超えている彼は、未だに前に進み続けていま
す。2012年のシーズン途中でニューヨーク・ヤンキースに移籍した
時には、下位打線でしかもレギュラーの座すら保証されないという屈辱
的な扱いでした。そんな中でも、彼はまったく腐ることなく、日々黙々
とトレーニングに励み、出番が来ると嬉々としてプレーし続けました。
そしてふたたび、そのシーズン後半の大活躍につながったのです。
マイアミ・マーリンズに移った後も、МLB通算最多安打記録、アジア
人初のメジャー3000本安打記録などを打ち立てました。イチロー選
手が愚痴を言ったりヤケになったりしている姿を想像できるでしょうか。
スランプだろうが屈辱的な扱いを受けようが、苦しいときにも普段と変
わらず、自分を信じて地道に前に進むことをサボらない強さこそが、真
のプロフェッショナリズムなのだとまさに教えられます。
今年のノーベル文学賞が、ボブ・ディランに授与されることが決まり話
題になっていますが、日本人として初のノーベル文学賞を受賞した文豪
川端康成の不朽の名作『雪国』の出だしは、「国境の長いトンネルを抜
けると雪国であった」でした。
トンネルを抜けた先に広がる思いがけない光景や感動や情緒、それはト
ンネルに入っても前に進み続けてトンネルを抜けた人にしか決して味わ
えないのです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
連絡 11/2 シメジいっぱいの和風拉麺を作りました。 B級グルメの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる