B級グルメの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 連絡 11/8 風邪を気にしたら横浜系ラーメンが旨い

<<   作成日時 : 2017/11/08 08:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
お早うございます。今朝は曇り。17度。夜中に小雨がぱらついていました。
昨日は予約していたiphoneXの本契約をするようにSBから来てたので処理
中にフリーズ。ショップに行って聞いてもオンラインショップの対応はセ
ンターに電話して聞いてくれと冷たい対応。きっと窓口の売り上げになら
ないんですね。買取にしたら初回の引き落としが16万を超えてました。見
積では半額位になってたのに、値引き分は月々の引き落としから引いて行
くんですね。最初に満額取っておいて、値引き分は2年経たないと満額享
受出来ないと本当に訳が分かりません。それでも成立して9日には手元に
届きそうです。外に出たのでランチは風邪の予防に横浜家系ラーメン壱角
家で食べてきました。にんにく、生姜、玉葱を沢山入れて元気いっぱいで
す。小さな幸せを見つけましょう。明るく楽しく健やかに素敵な一日をお
過ごし下さい。
今日はいい歯の日、刃物の日、世界都市計画の日、二輪・自転車安全日、
屋根の日、果物の日。山下奉文、若尾文子、アラン・ドロン、ジェームズ
小野田、平松あゆみ、南英子、坂口憲二、前田真理子、内山理名、片瀬那
奈、三津谷葉子、田島穂奈美、五十嵐瑞穂の誕生日。1793年ルーブル美術
館開館、1895年レントゲン、X線を発見。
★ブレイクタイム★
●「追い風が吹いたことはありますか?」
「俺の時代がまたキター!」と言っていたのは、数十年来の友人。彼は営
業をしているのですが、10年ほど前に絶好調だった時期があって、周り
はそれほどでもないのに、なぜか彼は売れて、営業成績が一躍トップにな
って、ボーナスが上がって、昇進もして、プライベートでは、女性にもモ
テる。人生の春、というよりも「人生の夏の盛り」を謳歌してました。
ところが、なぜか1年ほどでスランプになり、それまでの勢いがウソのよ
うになくなってしまったそうです。それが10年ほど前の話だったのです
が・・・
七十二候には、「温風至(あつかぜ いたる)」と言うのがあります。
文字通り「熱い風が吹く季節」という意味で梅雨が開け、日差しが強くな
り、いよいよ「夏本番」といえる季節に突入する頃です。日本海側など地
域によってはフェーン現象で、熱く乾いた風が吹くところもあります。
人生にもまさに「温風至」のような時期があって、夏の盛りのような、イ
ケイケドンドンな時ってありますね。追い風が吹いて何をやってもうまく
いくし、周りも賛同してくれる・・・というような。
でも、あまり調子に乗りすぎると、その時期が終わっているのに、自分だ
け踊り続けていて、「あれ、なんで急にうまくいかなくなったのだろう?」
なんて、落ち込んでしまうことになります。冒頭の彼の10年前が、まさ
にそんな感じでした。ある時から急にダメになって、「どうせ一時的な不
調で、またすぐ戻るから」なんて安易に考えて、それまで通り振る舞って
いたら、どんどん調子が悪くなって、追い風も止んで長いスランプに陥っ
たそうです。それ以来、10年近く不調が続いたのですが、ここ最近は調
子が復活してきたようで、「以前よりも、いい波が来ている」と言ってま
した。そして、それに続けて「この波が続くのは、1年間しかないと思っ
ている。だから1年経ったら波を降りる準備をする」とも言っていました。
バブル景気などを紐解くまでもなく、「人生の夏の盛り」に、そのあとの
人生を滅茶苦茶にされてしまう人も少なくありません。
どうすれば、その波を無事に乗り越えることができるのかというと、2つ
ポイントがあります。
1つ目は、波の手前にある「冬」と「春」を地に足をつけて、しっかりと
過ごすこと。冬と春に時間をかけてやるべきことをやっていれば、夏の盛
りもより長く過ごすことができます。
2つ目は、波を降りるタイミングを見誤らないということです。
普段なら気付くような「ちょっとした変化」「兆し」が調子に乗ってしま
うと見えなくなることがあります。「勝って兜の緒を締めよ」と言います
が、調子のいい時ほど、周りへの気配り目配りが大事です。
あなたは、今は人生でどんな季節でしょうか?
どの季節にいる方も、その季節だからこそできることを楽しんで、味わっ
て過ごせますように。
●大正13年の洋風古民家で、ひたすら読書に没頭できる私設図書館
あなたは普段どこで読書をしていますか?自宅、カフェ、図書館…など様
々でしょうが、緑豊かな東京都世田谷区奥沢の住宅街の中に、読書にもっ
てこいのスポットがあることはご存知でしょうか。その名も、「読書空間
みかも」。大正時代に建てられたレトロな建物は雰囲気十分。奥沢の豊か
な緑とも相成って、集中して読書をするには最高の環境ですよ!
★世田谷区奥沢に佇む「読書空間みかも」
画像

桜とイカリをあしらったドア
世田谷区奥沢の緑深い閑静な住宅街にある、洋館風の木造平屋建てのお宅。
このあたりは大正時代に海軍の将校や佐官が暮らした、通称「海軍村」。
「イカリと桜」をあしらった玄関の扉の意匠に、その名残がうかがえる。
大正13年に産声を上げたこのレトロな空気感ただよう建築物の戸を開け
ると、「読書空間みかも」の静謐な空間が広がっている。
大正時代の香りが漂う世界へ
選りすぐりのモノが展示・販売されている玄関を通り抜けると、和室と洋
間の続き間へ。 みかもにある本はすべて購入可能で、木の書棚には古書
店翠光堂がみかもの雰囲気にあわせてセレクトした本が並ぶ。
レトロな雰囲気の洋間
画像

書棚の本にはノスタルジックな書籍がずらり
和室の窓は滑車を使ってロープで上下に開閉する仕組み。カタカタと音が
して、ゆっくり開いていく。その情景は昔の時間に戻ったかのよう。現在、
この様式の窓自体が珍しく、稼動する窓としては希少だとか。
上げ下げ式の窓にもレトロさを感じる
現代ではなかなかお目にかかれない空間だけあって、松嶋菜々子と韓国の
俳優ソン・スンホンが出演した映画『ゴースト ニューヨークの幻』のロ
ケ地としても使われたことも。
洗面所もなんだか懐かしい気持ちになる
庭の緑に癒されながら、ゆっくりと安らぎの時間を過ごすにはもってこい
の場所である。
洋間の窓を開けると緑に癒される
会員制をやめて、誰でもワンコインで利用できる図書館へ
この趣ある「読書空間みかも」が開設されたのは、2006年のこと。 自由
が丘で古書店を経営していた女性がこのお宅を気に入り、賃貸契約を結ん
で私設図書館としてオープン。会員制ということもあり、利用できる人は
限られていた。当時の体制から新体制になったのは2016年4月のこと。
現代表の上神千波弥さんが開設者である古書店主から運営を引き継いだの
だ。
上神千波弥さん
こうしてみかもは、誰でも利用できる読書空間(入館料500円、飲み物付
き)やレンタルスペースとして貸し出されることになり、「開けた」空間
に。すると「以前からみかものことが気になっていて一度来てみたかった、
というお客さんが近所からも遠方からも訪れるようになりました。なかに
は、みかもについて書かれた新聞記事の切り抜きをずっと持っていたとい
う方もいらっしゃいました」と上神さんは振り返る。
ここでは展示会や講座、イベントも開催される。土佐和紙やオーダーメイ
ドランジェリーの展示会をはじめ、読書会や気功、風水の講座が行われる
ほか、時には中森じゅあんさんのお話会や古今亭文菊さんの寄席なども。
開設当時からボランティアとして運営に関わってきた渡辺和子さんは現在、
みかもでの活動は行っていないが、あたたかい目で見守り続けている。実
は私にみかもを紹介してくださった方でもある。ご自身で聞き書きのボラ
ンティアを行うほか、聞き書きの養成講座も開催するなど精力的に活動さ
れている。
渡辺和子さん
「みかもは人と人の交差点のように思います。私自身、みかもに関わった
ことで、普段出会えないような人と知り合うことができました。自分にと
って財産ですよね」と渡辺さん。かつて、みかもで「子育て支援」や「お
しゃべりサロン」などを主宰していた渡辺さんは上神さんとこれからのみ
かもについて意見を交わすこともある。
上神さんと渡辺さん
現在は上神さんを含め4人のスタッフがほぼボランティアで運営している。
経営面がなかなか追いつかないのが現状だ。「なんとかスタッフの人件費
を確保できるよう、アイデアを練っています。夜(18〜22時)の時間帯
を打ち合わせスペースとして貸し出すことも考えています。また、これか
らカフェやお菓子屋さんを開きたい方に腕試しの場として使っていただく
のも良いかもしれません」(上神さん)
住宅街という環境上、大きな音は出せないといった制約はあるが、仕事帰
りにここで静かに勉強したり、フリーランスで仕事をしている人たちが集
まってミーティングの場として活用することも可能だ。
自由が丘や奥沢界隈で静かな環境を探している人にはとっておきの隠れ家
になるのではないだろうか。帰り際、「私への1冊」が記されている「本
のおみくじ」をひいてみた。 これはSEの仕事をされている女性が制作さ
れたもの。
本のおみくじ。運命的な本と出会うかも?
オススメの本は高橋源一郎の『さよなら、クリストファー・ロビン』だっ
た。ちょうど氏の『私生活』を読み終えたばかりだったので、ちょっとビ
ックリ。
読書空間みかも 住所: 東京都世田谷区奥沢2-33-2 Tel: 03-3718-2011
●パナソニック、日米中で車載電池増産 1000億円投資
パナソニックは電気自動車(EV)などに搭載するリチウムイオン電池の
生産拠点がある日本、中国、米国で一斉に増産する。中国・大連で新たに
2棟目を設け生産規模を約2倍にする。中国や欧州を中心にEVシフトが
急速に進むなか、心臓部である電池をパナソニックが増産することで、取
引関係の深い日本車メーカーの競争力も高まりそうだ。
パナソニックは車載用リチウムイオン電池のうち、乗用車向けで約4割の
シェアを占める世界最大手。3拠点での総投資額は1千億円規模になる可
能性がある。2018年3月末までの稼働を目ざす中国・大連工場で、新たに
2棟目の建設に着手した。投資額は数百億円のもようで、早ければ18年中
に稼働させる。1棟目の生産能力はEV換算で数十万台分のもよう。2棟
目ができれば全体の生産能力は約2倍になる見込みだ。
米EV大手のテスラと共同運営で電池を生産する米ネバダ州の大規模工場
は現在、1期目の工場建設と生産ライン敷設を同時に進めている。テスラ
側は増産を急ぐ姿勢で、パナソニックと第2期工事の調整に入った。2期
工事が完了すれば、生産能力は最大で1.5倍になるという。
日本でも兵庫県姫路市の液晶パネル工場で19年度から国内自動車メーカ
ー向けにEV用の車載電池を生産する。投資額は数百億円。
乗用車向けの車載電池は日韓勢がほぼ独占していた。だがEVシフトを進
める中国政府が電池産業の育成に力を注ぎ、中国メーカーが急成長する。
パナソニックはEV販売が急増する日米中の3極で現地生産を増やし競争
激化に備える。
●トヨタ創始者の夢「佐吉電池」 能力2倍の次世代型開発
トヨタ自動車は25日、2020年代前半に電気自動車(EV)などの航続距
離が大幅に延びる次世代の「全固体電池」を実用化する方針を明らかにし
た。200人超の技術者が開発を進めているという。グループ創始者の豊田
佐吉氏が多額の懸賞金で高性能蓄電池の発明を募ってから約90年。新型
電池はトヨタのEV戦略の切り札になるか。
東京モーターショーでひときわ目立つトヨタのブース。中央には目玉の
「トヨタ コンセプト愛i」が展示されていた。運転手の感情や嗜好を読
み取る人工知能(AI)で運転を支援する未来の車だ。その説明文に1月
の米家電見本市で披露したときになかった内容があった。駆動装置を「E
V」と明記していた。
「EVが近い将来、重要なソリューションのひとつとなることに疑う余地
はない」。記者説明会でトヨタのディディエ・ルロワ副社長はEV強化の
姿勢を明確にした。さらに競合メーカー幹部を驚かせたのが全固体電池の
開発計画だ。全固体電池は現行のリチウムイオン電池の2倍以上の能力で、
フル充電までの時間も数分に短縮できる。しかし量産車での実用化は困難
とされてきた。
トヨタは富士山の麓にある東富士研究所(静岡県裾野市)などで研究を続
け、すでに電池の試作品を完成させたという。EVの商品化では日産自動
車やテスラが先行し、商品のないトヨタは出遅れているとの指摘も多い。
だがルロワ氏は「HV(ハイブリッド車)の電動化技術の知見があり、全
固体電池の準備もある」と強調、「航続距離を飛躍的に改善するゲームチ
ェンジャーとなりうる」と話した。
トヨタの電池開発の原点は創始者、佐吉氏の時代に遡る。自動織機で成功
した佐吉氏は1925年に小型・大容量の蓄電池の開発を公募した。懸賞金は
100万円で、現在の数十億円に相当する破格の金額だった。飛行機の動力
源になるほどの性能を想定したため実現はしなかったが、トヨタはその思
いを温め続けてきた。39年には蓄電池研究所を設立しEV用電池の研究
も進めた。全固体電池を実用化できれば佐吉氏の夢に一歩近づく。
だが、実現へのハードルは高い。トヨタは世界170カ国・地域で年間1
千万台を販売する。品質の安定や電池寿命の確保のほか「リーズナブルな
コスト」(トヨタ)も課題になる。村田製作所や日立造船も開発を進めて
おり、実用化に向けた競争もすでに起きている。20年までのEV参入を表
明した英ダイソンも開発を計画する。
トヨタは世界各国の環境規制や消費者ニーズに対応するため、今後もFC
V(燃料電池車)を含めた全方位で環境車の開発を進める方針。研究開発
費の負担増に備え、自前主義から提携先の拡大にカジを切り、効率的な開
発を模索している。
全固体電池の方針発表を受け、SUBARUの吉永泰之社長は「非常に期
待も高く注目している」と語り、マツダの丸本明副社長は「アライアンス
を生かせるものかを含め検討したい」と話した。次世代電池の実現は提携
先の求心力も左右する。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
連絡 11/8 風邪を気にしたら横浜系ラーメンが旨い B級グルメの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる